便秘になりにくいトイレ環境を作ろう!

投稿日:

あなたの家のトイレはどのような空間ですか?実はトイレがいちばん落ち着く。そんな方も多いのではないでしょうか。今回は、便秘になりにくいトイレの環境についてご紹介していきます。

リラックスできる空間づくり

トイレは用を足す場所。リビングや寝室とは別。そのためインテリアにそれほどこだわっていない方もいるかもしれません。しかし、あまりに無機質な空間は、ストレスや緊張を生み排便しづらい状況を作り出している可能性があります。

便秘にならないために大事なのはリラックスすること。そのためには、リビングや寝室だけでなく、トイレもリラックスできる空間へ変えることが大切なんです。そのためのポイントは3つあります。

1.暖色系の照明に変える

リラックスするために大事なコト。その一つが照明の明るさです。蛍光灯のような眩しい明かりよりも、暖色系の照明に変えることが有効です。また、暗い方が落ち着くという方は電気を消して用を足すのも一つの方法。

しかし、体調管理のためには便の形や色をチェックすることも大切です。流す前に一度照明をつけて便のチェックを行いましょう。

2.ドアを開けっぱなしにする

ドアを開けたまま用を足すのも有効です。狭い空間でストレスを感じる場合はドアを開けてみましょう。もちろん、家族などの同居人がいる場合は、開けっ放しでトイレに入っていいかどうか許可を取った方がいいでしょう。

狭いほうが落ち着く場合は、ドアをしっかり閉めることをお忘れなく。

3.自分好みのインテリアに変える

トイレは過ごす時間が短いため、引っ越してきたままの状態で使用している場合も多いですよね?しかし、無機質な空間ではリラックスができません。

間接照明を置いてみたり、好きなキャラクターのグッズを置いてみたり、好きなカラーで統一するなどして、リラックスできる空間作りを意識しましょう。

リラックスしすぎて長居するのもNG!

リラックスできる空間が便秘解消に効果的だとお話ししましたが、実はリラックスしすぎてトイレに長居するのもNG。トイレに長居することで、以下のようなトラブルを招いてしまう可能性も。

  • 肛門に負担がかかり痔になりやすくなる
  • 便を出すまでに時間が掛かってしまう

なかなか便が出ないと、トイレの中で携帯をいじったり雑誌を読んだりしてしまいがちになりますよね?しかし、これらの習慣は、便秘だけでなく痔を招いてしまうリスクもあります。

トイレにいる時間は長くても5分まで。それでも便が出ない場合は、一度トイレから出て便意が来るまで待ちましょう。

まとめ

便秘になりにくいトイレ環境。それは「リラックスできる空間かどうか」にあります。なんとなく便意を感じたら、トイレに入りゆっくりと深呼吸をしてみましょう。リラックスすることで、便をスムーズに排出できるようになりますよ。

-便秘予防

Copyright© 便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ , 2017 AllRights Reserved.