便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ

なるほど、これはスゴイね!便秘歴15年がリセットされたおすすめの乳酸菌サプリメントランキング

妊娠中の便秘、原因と解消法は?

投稿日:

赤ちゃんを授かる。それはとても素敵なことですよね。お腹の中で赤ちゃんが育っていく間、妊婦さんの体には様々な変化が起こります。

その変化は必ずしも喜べるものばかりではなく、便秘に悩まされることも少なくありません。

なぜ妊娠すると便秘になるのか、どのように妊娠中の便秘を解消すれば良いのか、一緒に学んでいきましょう。

妊婦さんが便秘になりやすい理由は?

妊婦さんの便秘には様々な原因が存在しますが、主な原因は以下の4つになります。

1.ホルモンバランスの変化

妊娠中は女性ホルモン、とりわけ黄体ホルモンの分泌量が増加します。黄体ホルモンは子宮の収縮活動を緩める働きがあるのですが、その際まわりの胃や腸の働きまで緩めてしまいます。

その結果、腸のぜん動運動が低下して便秘を招いてしまうんですね。

2.大きくなった子宮に圧迫される

妊娠後期に差し掛かると、徐々に子宮が大きくなっていきます。このとき子宮に大腸が圧迫されてしまい、働きが鈍くなってしまう「直腸性便秘」を引き起こしてしまいます。

また子宮に圧迫されると腸が背中側にずれることがあり、消化機能が弱まり便秘の原因となります。

3.つわりの影響

体質によって異なりますが、妊娠初期につわりの症状が出る妊婦さんもいます。つわりになると食欲がなくなり、せっかく食べても戻してしまうことがあります。

そのため食が細くなり、十分な便が作られないことで便の回数が減ってしまいます。

4.精神状態の変化

妊娠中は体に様々な変化が現れます。そしてその変化は目に見えるところだけでなく、精神状態に影響を及ぼすことも。女性ホルモンの分泌量が変化すると、精神状態が不安定になってしまうことがあるんです

ストレスや緊張で胃腸の働きが弱まると、便秘や下痢を引き起こしやすくなってしまいます。

妊娠中の便秘はどうやって解消すればいいの?

妊娠中の便秘を改善するためには、食事やストレッチ、運動といった、様々な生活習慣を見直す必要があります。

1.食事

食生活の改善は非常に重要。つわりの際は無理に食事内容を変える必要はありません。とはいえ、白米を玄米にしたり食パンをライ麦パンにするなど、できるだけ精製されていない食品を選ぶようにしましょう。

これらの食品は栄養価が高く、ミネラルや食物繊維が豊富なため便通改善に効果があります。

2.体を冷やさない

体の冷えは腸の働きを低下させるだけでなく、代謝を下げてしまうため体にもよくありません。冷たいドリンクを控えたり、お湯にゆっくり浸かるなどして体を温めることを意識しましょう。

3.ヨガやストレッチを取り入れる

妊娠中は体が重く、何かと動くのが億劫になりがち。しかし安定期になったら、ある程度体を動かすことも大切です。

最近では妊婦さん向けのストレッチやヨガ教室も開かれていますので、興味のある方は参加してみましょう。教室に行けなくても、自宅でストレッチやヨガを行うなどして体を動かすことをオススメします。

思うように改善しないなら便秘薬よりサプリを!

妊娠中の体はいつも以上にデリケート。食事や生活習慣を見直しても、思うように改善しないということもあるでしょう。あまりにひどい便秘が続く時には、便秘薬を使用するという方法もあります。

しかし、成分によっては胎児に影響を及ぼす可能性もあるためリスクが伴います。その点、サプリは薬ではなく健康食品。胎児への悪影響はもちろん、副作用の心配もありません。

効率よく便秘を改善するならサプリがとっても有効ですよ。なぜなら、サプリには便秘を改善するための有効な成分がギュッと凝縮されているからです。

とはいえ、添加物だらけのサプリを飲むのは控えましょう。あくまで目安ですが、安価なモノほど添加物がたくさん入ってきます。

妊婦さんの便秘におすすめなのは、添加物の入ってない乳酸菌サプリ。安価なモノと比べると割高に感じてしまうかもしれませんが、安全には変えられませんよね。

妊婦さんが効率よく便秘を改善していくのに、添加物のないサプリが効果的であることがわかれば、あとは実感するだけです。

>>>添加物のない安全なサプリはこちら<<<

-便秘解消方法

Copyright© 便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ , 2018 AllRights Reserved.