コラーゲンの摂りすぎで便秘になる理由とは?肌荒れのリスクも!

投稿日:

コラーゲンといえば、お肌に潤いを与えてくれる成分として知られています。ただコラーゲンを摂りすぎると、人によっては「便秘」になってしまうことがあります。

そこで、便秘とコラーゲンには一体どんな関係があるのかを調査してみました。

コラーゲンの様々な効果

コラーゲン鍋やコラーゲンサプリ、ドリンクなど、「多すぎじゃない!?」ってくらいコラーゲンが入ったいろいろな食品が販売されていますよね。

そもそもコラーゲンとはタンパク質の一種で、誰もが体の中に持っている成分です。

乾燥を防ぎ肌にハリを与えてくれるだけでなく、関節の負担を減らしたり、骨粗鬆症を予防したりと重要な働きをしています。

とはいえ、必要なコラーゲンが常に体内で合成できるとは限りません。年を重ねるごとに合成できるコラーゲンの量が減り、肌の乾燥やたるみ、関節炎などを引き起こしてしまうのです。

コラーゲンの過剰摂取で便秘に!?

コラーゲンには水分を抱え込む性質があり、この性質によって肌は潤いのある状態をキープしています。

しかし、コラーゲンを過剰摂取することによって保水作用が強く働き、腸内の水分が必要以上にコラーゲンに保持されてしまう場合があるのです。

水分は便をやわらかくする働きがあるのですが、コラーゲンに保持され水分が不足した状態になると、便が硬くなり便秘につながる可能性があります。

コラーゲンには副作用はないと言われていますが、便秘がちの方は必要以上にコラーゲンを摂取しないように気をつけましょう。

コラーゲンを摂りすぎたと感じたら、水分を普段より多めに摂取することをおすすめします。

便秘は不健康な肌を作る

コラーゲンの過剰摂取によって水分不足に陥り便秘になると、肌にはどのような変化が起こるでしょうか。

まず便秘が続くと、便が腸内に長く留まるため、次第に便が腐敗していきます。

さらに便の腐敗が進むと、腸内が「悪玉菌が優勢な状態」になり、有害物質を含んだガスが発生し始めます。

有害物質を含むガスが増えると、腸壁から血液に乗ってガスが全身へと巡ってしまうのです。

体の隅々まで行き渡った有害ガスは、元はといえば便が腐敗したモノ。有害ガス自体は汗や皮脂とともに排出されますが、「好ましくないニオイ」であることがほとんどです。

また、有害ガスがうまく排出されずに肌の新陳代謝が低下すると、汚れが蓄積し肌を不健康な状態へと変えてしまいます。

こうして腸内環境が悪化すると「自律神経の切り替え」がうまくいかなくなり、肌が普段よりも敏感な状態になってしまうこともあります。

肌のために摂取したコラーゲンが原因で肌が荒れてしまうケースもあるため、過度な摂取には注意するようにしましょう。

おわりに

コラーゲンを摂取すること自体は悪いことではありません。適度な量を摂取すれば、肌に嬉しい変化が現れることもあるでしょう。

しかし今回ご紹介したように過剰摂取で便秘になる可能性もゼロではありません。コラーゲンは「摂れば摂るほど良いというわけではない!」ってことは覚えておきたいところですね。

コラーゲンは一日5~10gを目安に摂るのが良いとされていますので、この量を意識して摂取するようにしましょう。

-便秘予防

Copyright© 便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ , 2017 AllRights Reserved.