便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ

なるほど、これはスゴイね!便秘歴15年がリセットされたおすすめの乳酸菌サプリメントランキング

硬い便が詰まって出ない時の対処法と解決法

投稿日:

便が詰まって出ない...これ以上頑張るのはツライ...と出すのを避けていませんか。便を出さないで放っておくと、腸内で「炎症」や「出血」が起こるだけではなく、将来的に大腸がんの原因になる可能性があります。

大事に至らないためにも、「まずはなんとか出す」ってコトがとても大切です。ただ並行して、「やわらかい便が出る体質」にならなければ、「詰まって出ない苦しみ」に終止符が打てませんよね

便が硬くて出にくい生理前・妊娠中・産後の便秘の原因と対策についても詳しくお伝えします。

硬い便が出ない時の対処法

1.ウォシュレットを使う

トイレにウォシュレットがある場合、ウォシュレットを使用しましょう。使用方法は、少し強めに設定したウォシュレットを肛門に当てて噴射するだけ。肛門に当てることで、出かかっている便が水圧でやわらかくなります。水が潤滑剤のような役割を果たすため便が出やすくなります。

2.歩いたり座ったりを繰り返す

「痛み」に耐えているうちに便が引っ込んでしまったら、便座から立ち上がり、少しのあいだ歩きまわってみましょう。歩くことで腸が刺激され便が出やすくなります。座ったまま「の」を書くようにお腹をマッサージするのも効果的。

3.摘便

摘便も有効な方法です。摘便とは指を使って便を掻き出すこと。本来は専門の人にやってもらうのがベストですが、硬くて出ない時は自分でするしかありません。ビニール手袋やゴム手袋を装着し、水やワセリン、オイルなどで人差し指を湿らせたら、硬くなった便の先端を掻き出しましょう。

4.浣腸

硬すぎて出ない。便意がなくなり引っ込んでしまった。そんな時には浣腸も効果的です。説明書に従って肛門から浣腸液を注入し、出来る限り時間を置きます。強い便意がやってきたら排便しましょう。

浣腸は薬液自体に刺激はありません。ただ、繰り返し使用することでクセになり、自力で排便するチカラが弱くなる場合があります。どうしても出ない時に使用するようにしましょう。

5.便秘薬を使用する

便秘薬は最後の手段。どうしても出ない時だけ使用しましょう。なぜなら便秘薬は常用するとクセになって、効果も弱くなるからです。さらには腹痛や吐き気などの副作用も伴います。

しかもそれだけではありません。便秘薬も浣腸と同じく自力で排便するチカラが衰える原因になります。くれぐれも最後の手段として服用してください。

生理前に便が硬くなる原因と対策

生理でつらくなる前に便秘が改善されたら素敵だと思いませんか。避けられない生理だからこそ、便秘くらいは避けておきたいもの。ここでは生理前に便秘になりやすい原因と生理前の便秘を改善する方法をお伝えします。

生理前の便秘はホルモンが原因

生理前に便秘がひどくなるのは、女性ホルモンのバランスが関係しています。女性ホルモンには、「黄体ホルモン(テストステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の2種類が存在します。

分泌量が多くなるのは・・・

  • 生理が始まるまでの2週間前後・・・黄体ホルモン(テストステロン)が多くなる
  • 生理開始後2週間前後・・・卵胞ホルモン(エストロゲン)が多くなる

ホルモンの分泌量の変化は自律神経にも悪影響を与えます。以下、詳しく見ていきましょう。

自律神経の乱れから便秘がひどくなる場合

人によってはホルモンバランスの変化が原因で、自律神経が乱れてしまうことも。自律神経が乱れると内臓の働きを司る副交感神経の働きが弱まり、便秘がひどくなってしまいます。

黄体ホルモンの増加から便秘がひどくなる場合

実は、黄体ホルモンには子宮の収縮を抑える働きがあります。子宮の収縮活動が抑えられると、すぐそばにある腸の働きまで一緒に抑えられてしまうんです。そして黄体ホルモンは生理前に増加するため、この時期に便秘がひどくなるわけです。

便秘がひどくなると起こる症状とは

普段以上にツライ生理前の便秘ですが、便が排出されず腸にとどまり続けると、様々な悪影響を及ぼします。

  • 腹痛…腸内に溜まったガスが腸内を圧迫するため
  • 下腹が出る…腸に便が溜まり膨らんでしまうため
  • アレルギー症状の悪化…腸内環境の悪化が原因で免疫力が低下するため
  • 肌荒れ・むくみ…腸内に溜まった汚れが血液を伝って全身に回るため

生理前の便秘を改善する方法

ホルモンバランスを自分でコントロールするのは至難の業...しかし、ホルモンバランスの乱れに耐えられる丈夫な腸を作っていくことは可能です。そのためにも、運動や食事など日ごろの生活習慣に気を配ることが大切です。

エクササイズで腸を丈夫に

腸を健康にするためには「腸の代謝」を活発にしていく必要があります。代謝アップに効果的なウォーキングや、腹筋を鍛える筋トレなどを行うようにしましょう。

食べ物で腸を丈夫に

腸を丈夫にするには、腸内に善玉菌を増やす「乳酸菌」を積極的に摂ることが重要です。乳酸菌を手軽に摂取するのにおすすめなのがヨーグルトなどの発酵食品。

発酵食品には腸内環境を改善するために必要な「乳酸菌」がたっぷり含まれています。乳酸菌は副作用がなく摂りすぎても自然に排出されるだけです。積極的に摂取しましょう。

ヨーグルトなどの発酵食品が苦手な場合はサプリメントで補充するのもひとつの方法です。サプリを利用すればヨーグルトよりもたくさんの乳酸菌を摂取できます。

賢く効率良く乳酸菌を増やしたい方は乳酸菌サプリを併用してみてください。

>>ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリランキングはこちら

妊婦さんが便秘になりやすい理由は?

妊婦さんの便秘には様々な原因が存在しますが、主な原因は以下の4つになります。

1.ホルモンバランスの変化

妊娠中は女性ホルモン、とりわけ黄体ホルモンの分泌量が増加します。黄体ホルモンは子宮の収縮活動を緩める働きがあるのですが、その際まわりの胃や腸の働きまで緩めてしまいます。その結果、腸のぜん動運動が低下して便秘を招いてしまいます。

2.大きくなった子宮に圧迫される

妊娠後期は徐々に子宮が大きくなっていきます。このとき子宮に大腸が圧迫されてしまい、腸の働きが鈍くなってしまう「直腸性便秘」になる方もいます。また子宮に圧迫されると腸が背中側にずれることがあり、消化機能が弱まり便秘の原因となります。

3.つわりの影響

体質によって異なりますが、妊娠初期につわりの症状が出る妊婦さんもいます。つわりになると食欲がなくなり、せっかく食べても戻してしまうことがあります。そのため食が細くなり、十分な便が作られないことで便秘になる方もいます。

4.精神状態の変化

妊娠中は体に様々な変化が現れます。その変化は目に見えるところだけでなく、精神状態にも影響を及ぼします。例えば、女性ホルモンの分泌量が変化すると精神状態が不安定になることがあります。また、ストレスや緊張で胃腸の働きが弱まると、便秘や下痢を引き起こしやすくなってしまいます。

妊娠中の便秘はどうやって解消すればいいの?

 

妊娠中の便秘を改善するためには、食事やストレッチ、運動といった、様々な生活習慣を見直す必要があります。

1.食事

食生活の改善は非常に重要。つわりの際は無理に食事内容を変える必要はありません。とはいえ、白米を玄米にしたり食パンをライ麦パンにするなど、できるだけ精製されていない食品を選ぶようにしましょう。

これらの食品は栄養価が高く、ミネラルや食物繊維が豊富なため便通改善に効果があります。

2.体を冷やさない

体の冷えは腸の働きを低下させるだけでなく、代謝を下げてしまうため体にもよくありません。冷たいドリンクを控えたり、お湯にゆっくり浸かるなどして体を温めることを意識しましょう。

3.ヨガやストレッチを取り入れる

妊娠中は体が重く、何かと動くのが億劫になりがち。しかし安定期になったら、ある程度体を動かすことも大切です。最近では妊婦さん向けのストレッチやヨガ教室も開かれていますので、興味のある方は参加してみましょう。

教室に行けなくても、自宅でストレッチやヨガを行うなどして体を動かすことをオススメします。

産後便秘の原因と対策

 

1.水分摂取量が少ない

産後の体は、母乳を作るために多量の水分を必要とします。一日に出る母乳の量は600ミリ~800ミリ。母乳と一緒に1リットルほどの水分が排出されてしまうため、通常の水分摂取量ですと、水分が不足してしまう場合があるのです。

便の半分以上は水分でできているため、水分摂取量が減ると便が硬くなり、出づらくなってしまいます。また便秘が続くと硬くなった便が出口を塞いでしまうため、便秘が慢性化してしまう恐れもあるのです。

対策

母乳をしっかりと出し、便秘を予防するためにも水分摂取をしっかりと行いましょう。産後ママさんに必要な水分摂取量は1日2L。糖分やカフェインの多いドリンクはできるだけ避け、気温の下がる秋や冬には白湯やスープを取り入れるようにしましょう。

2.切開の傷の痛み

出産時に会陰切開を行うと、しばらくの間は傷に痛みが生じます。また力を入れることで傷口が開いてしまうのではないかという不安で、排便時に力むことができなくなってしまうのです。

対策

会陰切開の傷口と肛門は別の場所にありますので、排便で傷が開くということはありません。便を我慢して便秘を悪化させることの方が体に良くありませんので、便意を感じたらその都度トイレに行くようにしましょう。

3.肛門括約筋が弱まる

肛門括約筋は肛門を閉じたり開いたりと、排便時に欠かせない筋肉。しかし出産時に長時間力をいれることで、肛門括約筋に傷がついたり、筋力の働きが弱まったりしてしまいます。

肛門括約筋が低下すると排便がうまく行われないばかりか、便が漏れてしまう可能性もあるため注意が必要です。

対策

肛門括約筋はトレーニングで鍛えることができます。肛門を閉じるようにキュッと連続で締め付けることで、便秘だけでなく痔などの肛門トラブルを予防することもできます。

肛門括約筋強化の参照記事⇒便秘と痔を予防!肛門括約筋トレーニング法

4.ストレス

妊娠や出産、育児には強いストレスがかかります。十分に睡眠が取れず、思うように子育てできないイライラでストレスを溜めこんでしまうママさんは多いはず。

ストレスを感じ続けることで神経の働きが弱まり、腸の筋肉が固まることで排便がスムーズに行われなくなってしまいます。

忙しさのあまり便意を我慢し続けるのも便秘になる原因の一つ。便意を我慢し続けると便が硬くなり、出そうと思っても出ない状態になってしまいます。

対策

育児中のストレスは無くすことができません。そのため、「頑張りすぎない」ことを意識するのが大事。例えば掃除の回数を減らしたり、家事を翌日に回したり、親御さんに預けて出掛けてみたり。自分なりのストレス解消法を見つけて、心と体を休めるようにしましょう。

5.運動不足

長い妊娠期間には、体を動かす機会が減り運動不足の状態になることが多いもの。また育児が始まると思うように時間を確保できないため、運動不足の状態が長く続いてしまいます。徐々に筋力も低下していき、腸のぜん動運動の働きが鈍くなってしまうのです。

対策

産後6週間~8週間が過ぎ体が落ち着いてきたら、簡単な運動を日常に取り入れるようにしましょう。赤ちゃんをあやしながらトレーニングしてみたり、家事をしながらストレッチをしたりするなど、適度に体を動かし筋力を付けることが大切です。

産後便秘になる主な原因は「水分不足」「切開時の傷」「肛門括約筋の低下」「ストレス」「運動不足」。これから始まる育児。それが産後便秘のせいでつらくなることはぜったい避けたいですよね?

でも全ての対策を出来なくても大丈夫!まずは自分が出来そうなことから始めてみましょう。

便が硬くなる3つの原因

力むたびに激痛が走る硬便。便が硬くなってしまう原因は一般的には次の3つです  

1.水分不足

水分摂取量が不足すると便に含まれる水分も減り、硬い状態になります。そして硬い便を出すことができずに我慢していると、さらに便が出づらくなり便秘がさらに悪化してしまうのです。

1日の水分摂取量。目安は1日2.5リットル。「どう摂取しいくのがいいの?」てことに関しては、1リットルは食事から、残りの1.5リットルを飲料水から摂取するのが理想的です。

2.不溶性食物繊維の過剰摂取

意外かもしれませんが、不溶性食物繊維を食べすぎると便秘を悪化させてしまうことがあるんです。適量であれば便秘を改善するのに効果的。

しかし、適量を超えると便の中の水分を必要以上に吸収してしまうんですね。 ※不溶性食物繊維にどんなものがあるのか知りたい方は、以下の関連記事を参照ください。

▼不溶性食物繊維の関連記事⇒便秘が悪化?食物繊維の摂りすぎが危険なワケ

3.腸の基本的機能の衰え

腸の基本的機能とは「消化」「吸収」「排泄」です。健康な人であっても、加齢により腸の基本的な機能は衰えていきます。ただし20代~30代の若さでも、腸内環境が悪いと腸の基本的機能は衰えていきます。

その理由は腸のぜん動運動が弱くなるからです。排泄を促す。そのためには、便を外へと押し出すぜん動運動の働きが欠かせません。ぜん動運動とは腸の収縮運動のコト。

この働きが弱まると便が排出されにくくなり、腸の中で便の滞在時間が長くなってしまうんですね。腸の通過スピードが遅いと、腸壁が水分をたくさん吸収してしまい、水分の少ない硬い便が作られてしまうのです。

生活習慣の中で硬い便をやわらかくする方法

1.運動をする

腸のぜん動運動を弱めてしまう原因。その一つが運動不足です。腸内環境を改善するには、体を動かし腸のぜん動運動をサポートすることが基本になります。

運動の内容は腹筋やウォーキングだけでも構いません。まずは体を動かす習慣をつけていくことが大切。運動は続けてこそ効果を発揮してきます!

2.こまめな水分補給

便の水分量を増やすためにも、しっかりと水分補給をしていきましょう。効果的な水分補給のやり方は、

  • 一気にではなくこまめに水を飲むコト
  • 食事中はスープや味噌汁など、水分を含む食品を最低一品は取り入れる

こういう時に飲む水は、軟水よりも硬水を飲んだ方がさらに効果的です。

▼硬水が効果的な理由はこちら!⇒水だけで便秘が治っちゃう!?効果的なお水の飲み方

3.水溶性食物繊維を摂取する

意外かもしれませんが、不溶性食物繊維を食べすぎると便秘を悪化させてしまうことがあるんです。もちろん適量であれば便秘を改善するのに効果的。しかし、適量を超えると便の中の水分を必要以上に吸収してしまうんです。

※不溶性食物繊維にどんなものがあるのか知りたい方は、以下の関連記事を参照ください。

不溶性食物繊維の関連記事⇒便秘が悪化?食物繊維の摂りすぎが危険なワケ

反対に、水溶性食物繊維は硬くなった便を軟らかくしてくれる働きがあります。そのため食物繊維を食べる時には、不溶性だけでなく水溶性も意識してバランス良く食べるようにしましょう。

以上、3つの生活習慣を改善して継続していくことで、腸内環境は改善され便はやわらかくなっていきます。ただ、生活習慣の改善には「根気」と「時間」が必要です。

乳酸菌サプリに頼るメリットは、乳酸菌以外にも「整腸作用を促すのに有効な成分」がギュッと凝縮されているため、根気や時間がなくても「整腸作用を促す」ためのアシストをしてくれるところです。

まとめ

便秘は長く続けば続くほど苦しみが増します。ようやく便意が来たと思っても安心はできません。長く腸内に留まった便はカチカチに固まり、出口の手前で引っかかってしまうことがあるのです。

ただ対処法と解決法を頭に入れておくことで、薬を使わずに硬い便を出すことができます。排便を諦めて放置してしまうと、便が硬さを増しさらに出づらくなってしまうことも。

便意が来たらそのタイミングで出すことを忘れないようにしましょう。

-乳酸菌摂取の効果

Copyright© 便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ , 2018 AllRights Reserved.