乳酸菌だけじゃない!酪酸菌の驚くべきパワーとは

投稿日:

整腸作用のある菌。まず思い浮かべるのが乳酸菌ですよね?

乳酸菌は日本人にとって馴染みが深く、食事で摂ることの多い菌でもあります。しかし最近では、酪酸菌(ラクサン菌)という菌も注目され始めていることをご存知でしょうか。

今回は酪酸菌の魅力と特徴をご紹介していきます。

酪酸菌の特徴

最近注目されている酪酸菌ですが、乳酸菌に比べるとまだ認知度は低いですよね。

酪酸菌とは、糖をエサにして酪酸を生成する菌。ここで言う糖とは砂糖のことではなく食物繊維です。つまり食物繊維を摂ることで、酪酸菌を活性化することができるんです。

胃酸で死なない!

酪酸菌の特徴は、なんといっても生命力の強さ。乳酸菌は胃酸で死んでしまうことが多いのですが、酪酸菌は酸性やアルカリ性に強いため、生きたまま腸へ届けることが可能なんです。

生きたまま腸まで届いた酪酸菌は、食物繊維をエサにして有機酸を作り出し、体に様々な嬉しい効果をもたらしてくれます。

ではその効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

酪酸菌の効果

酪酸菌の代表的な効果として挙げられるのが整腸作用。腸内で有機酸を生成することで、悪玉菌の働きを抑制し腸内環境を整えていきます。また他にも、

  • 免疫力を高める
  • がん細胞を抑制する
  • 潰瘍性大腸炎を予防する

など様々な嬉しい効果が。中でもがん細胞の抑制効果は現在世界中で注目されており、酪酸菌を使用した様々な研究が行われています。

乳酸菌の働きをサポート

酪酸菌は乳酸菌と非常に相性がよく、両方を同時に摂ることで効果を高めることができます。どちらの菌も整腸効果や免疫力アップなどの効果があります。

酪酸菌が乳酸菌の働きを助け、善玉菌が増えやすい腸内環境へと変えていってくれますよ。

酪酸菌を増やすには何をすればいい?

実は酪酸菌は、私たちの体にもともと存在する菌。そのためわざわざ食べ物から菌を摂る必要がありません。ではどうすれば酪酸菌を増やすことができるのかというと、そのカギは「食物繊維」。

食物繊維をバランス良く摂ろう

酪酸菌は食物繊維をエサにして増えていきます。しかし、食物繊維をむやみやたらにたくさん摂ればいいかというと、そうではありません。大事なのは食物繊維のバランス。

食物繊維には不溶性と水溶性の二種類が存在し、その2つをバランスよく摂ることが、酪酸菌を増やす上で重要です。

不溶性食物繊維は豆類や穀類、野菜などに多く含まれ、水溶性食物繊維は海藻類や果物、里いもなどに多く含まれています。

また、食物繊維と同時に乳酸菌を摂るすることで、美腸効果をさらに高めることができますよ。

▼参照記事⇒便秘が悪化?食物繊維の摂りすぎが危険なワケ

まとめ

乳酸菌と比べるとまだあまり知られていない酪酸菌ですが、今後さらに注目されていくこと間違いなしです。

食物繊維で増やすことができる他、ミヤリサンなどの錠剤から摂取することも可能。便秘や下痢などのお腹のトラブルにも効果的ですので、酪酸菌を増やすことを意識してみてくださいね。

-便秘の基礎知識

Copyright© 便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ , 2017 AllRights Reserved.