急に便秘になったらどうする?急性便秘の原因と解消法

投稿日:

便秘は誰にでも起こりうる症状。突然便秘になってしまった!という方もいるのではないでしょうか。

今回は急に発症してしまう「急性便秘」の原因や症状、注意点についてご紹介します。

急性便秘の種類

急性便秘の種類は大きく分けて2つあります。

1.一過性便秘

一過性便秘とは、何らかの原因で一時的に便秘になってしまう症状のことです。

例えば入学や就職、旅行など・・・。「急な環境の変化」が原因で起こります。無理なダイエットをしたり、ストレスや水分不足などでも一過性便秘になることがあります。

このタイプの便秘は、腹痛やお腹の張りといった苦痛を伴う症状はあまり感じません。原因を取り除くことで、便秘が改善することがほとんどです

しかし、まったく対処せずそのままにしておくと、「慢性化」してしまう恐れもあるため注意しましょう。

2.器質性便秘

一過性便秘と異なり、注意が必要なのがこちらの器質性便秘です。

一過性は環境の変化やストレスなどが原因で起こりますが、器質性便秘は「病気」が原因で起こります。代表的な病気としては「腸捻転」や「腸閉塞」など。

環境の変化はまったくないのに突然便秘になったり、激しい痛みや血便が出る場合はすぐに専門の病院で診察を受けましょう。

急性便秘を改善するには?

急性便秘を改善するためには、まず便秘の原因を知り、その原因を取り除くことが重要です。

1.無理なダイエットをしない

無理なダイエットが原因で急性便秘になってしまうことがあります。食事量が極端に減ったり、水分摂取量が減少したりしてしまうと、便が出づらくなり腸内にとどまってしまいます。

ダイエットをする際は、極端な食事制限はせずにしっかり水分摂取をし、運動を取り入れて行うようにしましょう。

2.ストレスを発散する

ストレスは自律神経を乱し、内臓の働きを弱めてしまいます。しかし、ストレスを完全になくすことはできません。大事なのは、ストレスを感じる時間をなるべく減らすということです。

趣味に没頭する時間を作ったりアロマを使用したりするなど、リラックスできる環境を作るようにしましょう。

3.トイレを我慢しない

便意が来てもトイレに行かず我慢していると、便意に鈍感になり便秘が慢性化してしまうことがあります。なるべく便意を催したタイミングでトイレに行くようにしましょう

4.乳酸菌を摂ろう!

便秘を慢性化させないためには、腸内環境を整え便を出しやすい状態に変える必要があります。そのためにも「乳酸菌」の摂取が必要!ってことはよく知られていますよね。

乳酸菌をしっかり摂るには、「ヨーグルト」や「納豆」「キムチ」などの発酵食品。これらを日常的に食べていくコトが「便秘になりにくい体質になる」ための基本的なスタンスです。

とはいえ、あまりに乳酸菌の摂取を意識しすぎて、食べる喜びや楽しみがなくなってしまうのも本末転倒必要摂取量やバランスばかりが気になる食事って、なんだか味気ないですよね。

それなりに食事の栄養バランスは気にするけど、縛られるのもイヤな場合は「乳酸菌サプリ」に頼ってみるのもおすすめです。

なぜなら乳酸菌サプリには、乳酸菌以外にも「オリゴ糖」や「食物繊維」といった、「おなかの状態を整えるのに必要な成分」が凝縮しているからです。

栄養バランスの偏った食事をしたときでも、「手軽にお腹に良い成分を摂ることができる」好都合なアイテムになる。それが「乳酸菌サプリ」の魅力的なところであり、おすすめの理由です。

特にヨーグルトで便秘が解消しなかった方には、乳酸菌サプリは「効果てきめん」だと思います。

おわりに

急性便秘の原因と解消法についてご紹介していきました。

一過性の場合は「生活環境」や「食習慣」を整えることで改善する場合がほとんどです。便秘になる前とあとで環境や習慣に変化がなかったか、よく考えてみましょう。

また、器質性便秘のように病気が原因の場合は、自己流の治療を行うことで悪化させてしまう場合もあります。

激しい腹痛や吐き気を伴う便秘、血便などの症状が起きた場合には、必ず医療機関で治療しましょう。

-便秘になる原因

Copyright© 便秘解消におすすめ!ヨーグルトより効果てきめんの乳酸菌サプリ , 2017 AllRights Reserved.